彼が早漏だった!一緒に改善方法を見つけられる?

スプーンの上にのったカプセルと葉

男性の性格や外見などは、お付き合いを始める前にチェック出来ますが、
一方で男性機能に関する問題は、告白する前にはまず分かりません。
「あなたって早漏?」等と好意を持つ男子に顔を合わせた状態で尋ねられる女性はいないでしょう。

また、仮にフランクに下ネタが話せる間柄だったとしても、早漏は男性にとって最も隠しておきたいコンプレックスです。
素直に早漏だと認める事はほとんどなく、やはりそのコンプレックスが発覚するのは、ボーイフレンドが彼氏という状態に発展してからでしょう。

彼氏が女性器にペニスを挿れてから30秒、60秒といった短時間で果ててしまっては、女性側が感じる暇がありません。
いわゆる童貞の時なら我慢出来るかもしれませんが、その後、何度セックスを繰り返しても、早漏が治らなければ、一緒に改善方法を探さなければいけないです。

まず、改善方法として手軽なのが厚手のコンドームを装着する案です。
最近の避妊具は薄さが売りになっていますが、早漏の男性にとって過剰に薄いコンドームは性的快感が強く伝わりすぎる状態になります。
ゴムが分厚いコンドームなら、ペニスに伝わる女性器の感覚が緩和され、経験が少ない男性でも射精の感覚を我慢しやすくなるのです。

また彼氏にPE治療薬を飲んでもらう、といった医学的な改善方法もあります。
早漏の原因である激しい興奮や著しい緊張、セックスの恐怖感、
そういったものはPE治療薬で改善されますので、行為を始める少し前にお薬を彼氏に使ってもらえば、男女双方とも落ち着いてベッドに上がれます。

PE治療薬を飲む事で、脳内安定物質のセロトニンが合理的に調整出来ますので、
射精に達するまでの時間が、早漏時に比べ三倍以上となりますので、確実に改善したいカップルは医薬品の利用を念頭に置いておきましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ